水道業者から指定を受けるために必携の資格! 取得すれば主任技術者として活躍できます!

給水装置工事主任技術者

令和2年度お申込み受付中!

給水装置工事主任技術者とは

給水装置工事主任技術者

水道は、人が生きていくために最も重要なインフラです。
生活するために必要な水道水を安定して供給するために必要となる給水設備。その給水設備工事の施工を唯一認められている資格が給水装置工事主任技術者です。
給水装置工事主任技術者は、給水装置工事事業者が水道事業者から水道法に基づく指定を受けるために必須の国家資格者であり、その需要は常に高水準を保っています。

試験スケジュール

給水装置工事主任技術者 模擬試験付(在宅型)

願書受付期間 令和2年 5月25日(月)~ 7月3日(金)
受験対策講座

>選べる受講スタイル

映像通信講座 Webコース / DVDコース

2日間コース(通学) 東京 / 大阪 / 名古屋 / 福岡

試験日 令和2年 10月25日(日)
合格発表 令和2年 11月30日(月)

※受験申請につきましては、試験実施団体ウェブサイトよりご自身にて願書をダウンロード後、所定の期日までにご提出下さい。
(当センターの講座をお申込み及び受講予定の方で申請方法がご不明な方はお気軽にお問い合わせ下さい)

通学講座と通信講座それぞれの特長

CIC日本建設情報センターの給水装置工事主任技術者受験対策講座は「通学」と「通信」でお好みの学習方法をお選びいただけます。

  • 短期集中!ライブ講座 2日間の短期通学型

    一気に集中して学習したい!
    なるべくポイントを絞りたい方にオススメ!

    • 自分ではなかなか学習の管理ができない
    • 日々忙しく、学習の時間が確保できない
    • その場で講師に質問したい
  • 自宅で繰り返し何度でも! 通学講座と同プログラムの映像通信講座

    何度も繰り返し見たい!
    コツコツ自宅で少しずつ学習したい方にオススメ!

    • 何度も繰り返し見て確認したい
    • 自分のペースで学習を進めたい
    • 交通費や宿泊費等の費用を抑えたい

講座情報

模擬試験付(在宅型)

映像通信講座(Web/DVD)

自宅や外出先で自由に学習したい方にオススメ!

場所や日程でお悩みのお客様もご自宅やご勤務先で受講できます。
映像講義は、専用のスタジオで収録したものです。
視界が遮られたり周囲の音で声が聞き取りづらいということはありません。

講座タイプ 内容 収録プログラム 収録時間 受講料

映像通信講座(Webコース)

受講受付中
PC・スマートフォンで視聴 詳しくは給水装置工事主任技術者映像通信講座詳細ページでご覧ください 全11時間 35,500円(税込)

映像通信講座(Webコース)

受講受付中

内容:PC・スマートフォンで視聴

収録プログラム:詳しくは給水装置工事主任技術者映像通信講座詳細ページでご覧ください

収録時間:全11時間

受講料:35,500円(税込)

映像通信講座(DVDコース)

受講受付中
DVD5枚組 詳しくは給水装置工事主任技術者映像通信講座詳細ページでご覧ください 全11時間 36,500円(税込)

映像通信講座(DVDコース)

受講受付中

内容:DVD5枚組

収録プログラム:詳しくは給水装置工事主任技術者映像通信講座詳細ページでご覧ください

収録時間:全11時間

受講料:36,500円(税込)

2日間コース(通学)

本番さながらの環境で学習したい方にオススメ!

※今年度出題が予想される重要ポイントと過去の出題分析に基づく最重要項目について、合格対策のみに的を絞った講義と関連する過去問題の解説により「合格力」が身につきます。
また、模擬試験(在宅型)により得点アップに直結する合格に必要な知識の総チェックと弱点強化ができます。

受講料 38,500円(税込)

1日目 … 公衆衛生概論 / 水道行政 / 給水装置工事法 / 給水装置の構造及び性能
2日目 … 給水装置計画論 / 給水装置工事事務論 / 給水装置の概要 / 給水装置施工管理法

開催地域 日程 講義時間 講習会場

東京【1】

受付終了
09/10(木)・09/11(金) 各日10:00~17:00 家の光会館コンベンションホール

東京【1】

受付終了

日程:09/10(木)・09/11(金)

講義時間:各日10:00~17:00

講習会場:家の光会館コンベンションホール

東京【2】

受付終了
09/19(土)・09/20(日) 各日10:00~17:00 飯田橋レインボービル

東京【2】

受付終了

日程:09/19(土)・09/20(日)

講義時間:各日10:00~17:00

講習会場:飯田橋レインボービル

大阪【1】

受付終了
08/20(木)・08/21(金) 各日10:00~17:00 TKP大阪本町カンファレンスセンター

大阪【1】

受付終了

日程:08/20(木)・08/21(金)

講義時間:各日10:00~17:00

講習会場:TKP大阪本町カンファレンスセンター

大阪【2】

受付終了
09/19(土)・09/20(日) 各日10:00~17:00 TKP大阪本町カンファレンスセンター

大阪【2】

受付終了

日程:09/19(土)・09/20(日)

講義時間:各日10:00~17:00

講習会場:TKP大阪本町カンファレンスセンター

名古屋

受付終了
09/12(土)・09/13(日) 各日10:00~17:00 フジコミュニティセンター

名古屋

受付終了

日程:09/12(土)・09/13(日)

講義時間:各日10:00~17:00

講習会場:フジコミュニティセンター

福岡

受付終了
08/22(土)・08/23(日) 各日10:00~17:00 都久志会館

福岡

受付終了

日程:08/22(土)・08/23(日)

講義時間:各日10:00~17:00

講習会場:都久志会館

使用教材

【通信講座(Web/DVD)】使用教材

受講料(税込)には、下記教材の代金が含まれております。
※ご入金の確認ができたお客様より商品の準備が整い次第、順次お送り致します。

  • A

    給水装置工事主任技術者受験要点テキスト

    (2020年度版)

  • B

    給水装置工事 出題順問題集

    (2020年版)

  • C

    受験対策資料(受験テクニック集、精選問題集)

    受講生限定・非売品

  • D

    模擬試験(自己採点式)

    ※受講生特典・非売品

  • E

    映像教材(Web / DVD)

    配信ページログイン情報(Webコース)又はDVD5枚組(DVDコース)
    ※受講形態【Web】配信期限:試験日当日まで

※講座受講生・限定特典
学科対策講座の受講生には本番前の予行演習として学科模擬試験をご提供します。

CICの教材についてはこちら

使用教材
※商品発送:ご入金確認次第、順次発送
※画像はイメージです。デザインは変更される場合があります。

【通学講座】使用教材

受講料(税込)には、下記教材の代金が含まれております。
※通学講座にお申込みの方は、教材A・Bをお送り致しますので、事前に受験準備対策が出来ます。
※ご入金の確認ができたお客様より教材の発刊がされ次第、順次お送り致します。

  • A

    給水装置工事主任技術者受験要点テキスト

    (2020年度版)

  • B

    給水装置工事 出題順問題集

    (2020年版)

  • C

    受験対策資料(受験テクニック集、精選問題集)

    当日配布教材・非売品

  • D

    模擬試験(在宅式)

    ※当日配布教材・非売品

※講座受講生・限定特典
受講生には本番前の予行演習として学科模擬試験をご提供します。

CICの教材についてはこちら

使用教材
※画像はイメージです。デザインは変更される場合があります。

映像通信講座(Webコース / DVDコース)

サンプル動画(ご注文前にご確認ください)

収録内容・受講料

横にスワイプで左右にスライドできます。

公衆衛生概論 水道の定義、水道の歴史、病原微生物及び有害化学物質、水質基準と施設基準、衛生対策
水道行政 給水装置工事、指定給水装置工事事業者制度、水道事業、水質管理
給水装置工事法 給水管の配管工事、公道における給水装置工事、給水管の取出し、水道メーターの設置、給水管の接合方法、維持管理と検査 等
給水装置の構造及び性能 給水装置の構造及び材質とその基準、給水装置の構造及び材質の基準に関する省令、給水装置のシステム基準
給水装置計画論 給水方式、ウエストン公式による給水管の流量図、計画使用水量、受水槽容量、図面の作成
給水装置工事事務論 給水装置工事主任技術者の職務、給水装置の構造材質基準に係る認証制度
給水装置の概要 給水装置の定義、給水管の種類と特徴、給水用具の種類と特徴、給水装置の故障と対策 等
給水装置施工管理法 給水装置工事の施工管理、工程管理、品質管理、安全管理、関係法令の概要

ポイントを押さえたコンパクト講座。最短ルートで学科試験突破!
本試験突破に必要なポイントのみを絞った短期集中講座です。頻出問題の解説はもちろん、「いかに効率よく知識をつけるか」「得点を確実に稼ぐには」など、
試験突破のテクニックを指導経験豊富な講師がお伝えします。本年度要チェック問題「精選問題集(受験対策資料内)」で講義後の復習もしっかりサポート。

  • Webコース 35,500円(税込)

    ご使用の機器で再生チェック

    • A

      給水装置工事主任技術者受験要点テキスト
      (2020年度版)

    • B

      給水装置工事 出題順問題集
      (2020年度版)

    • C

      受験対策資料【受講生限定・非売品】
      (2020年度版)

    • D

      模擬試験【受講生限定・非売品】
      (自己採点式・2020年度版)

    • E

      配信ページログイン情報(閲覧用ID・パスワード)
      (2020年度版)※配信期限:試験日当日まで

    ※商品発送:ご入金確認次第、順次発送
    画像はイメージです。デザインは変更される場合があります。

  • DVDコース 36,500円(税込)

    DVDの動作環境はこちら

    • A

      給水装置工事主任技術者受験要点テキスト
      (2020年度版)

    • B

      給水装置工事 出題順問題集
      (2020年度版)

    • C

      受験対策資料【受講生限定・非売品】
      (2020年度版)

    • D

      模擬試験【受講生限定・非売品】
      (自己採点式・2020年度版)

    • E

      DVD5枚組
      (2020年度版)

    ※商品発送:ご入金確認次第、順次発送
    画像はイメージです。デザインは変更される場合があります。

※日本全国各地、送料無料です
※受講1名様に対して1セットでのお申し込みとなります。セット内容物の単品販売はできませんので予めご了承下さい
※入金の確認ができたお客様より商品の準備が整い次第、順次発送いたします
※表紙・DVDレーベルのデザインは変更されることがありますが、内容に相違はございません
※収録時間・チャプター分けの都合上、DVDディスク枚数が変動することがございます

【必ずご確認下さい】
動作環境について

給水装置工事主任技術者 講座の特長

講義のねらい

効率的に合格水準へ到達する

本講座は、ポイントのみに的を絞るだけの講義ではなく、給水装置試験について、出題される可能性のある論点を短期間で幅広く扱います。

この試験では、各分野で合格最低基準点が設けられており、また損失水頭を求める計算も必ず出題されています。従い、単なる出題のポイントを羅列する講義は受験対策としては不十分です。

単に出題ポイントを次から次へ淡々と説明するスタイルの講義ではなく、説明した論点が、試験ではどう出題されるか、その関係を常に意識し、「理解」を伴う「有効な知識」を身に付けていただく講義を提供します。

そして、受講されたすべての受験生の、給水装置工事主任技術者試験に関する受験対策に割くべき時間を大幅に削減することが、本講座の最大のねらいです。

講義のねらい

TEXT

重要科目に比重を置いた実践的学習

試験全体の得点では、合格ラインを突破したが、公衆衛生概論等の科目で基準点に届かず不合格…、という声を毎年聞きます。一般的な学習傾向として実務において経験のある分野ばかりに気をとられ、普段あまり接しない出題区分を敬遠しがちですが、給水装置工事主任技術者試験に合格するためには科目別の合格最低基準点と総合点での合格基準点の両方をクリアしなければならないことを念頭に学習を進める必要があります。

講義では、テキストや資料を用いて、試験傾向を踏まえ、重要ポイントを確認していきます。また、前回の試験の雪辱を期する受験生には足を引っ張っていた苦手論点(特に損失水頭に代表される計算問題)について正しい理解の仕方を提案し、弱点から得点源への転換を可能にする講義を提供いたします。

テキスト

過去問題集

過去問による本試験を想定したより具体的な対策

一通り講義を聴いた後に行いたいのが徹底的なアウトプットです。知識を定着させるには、ただ学ぶだけではなく、学んだことを確認することが必要です。そこで重要なのが過去問の活用です。過去問は、学習を始めた段階から随時触れるべき最も貴重な参考資料です。受験対策において、過去問を解かずに試験に臨むということはあり得ないことです。

過去問を解く意義は、その問題を正解することではなく、その問題から何を学ぶかをいう点にあります。また、試験対策には問題数を解かなければなりません。

講義でも、過去問を素材として、出題傾向や考え方のポイントを整理していきます。
講師が指摘した重要論点が、実際の試験ではどのように出題されたのか、テキストの記載内容がどのように問われるのか、過去問に直に触れることで理解が促進されます。是非、復習は過去問を利用して行ってください。

問題集

受験対策資料

受験対策資料

試験直前の学習時間を短縮!

CIC給水装置工事主任者講座では教材面でも効率的な学習を実現します。精選問題集により試験直前の総確認の時間を大幅に削減、追い込みをかける試験直前に最大の効果を発揮する、至極の一冊です。

試験直前に控えた受験生が使用する教材は限られています。年々多様化する出題傾向に対処するため短時間で論点を確認する教材として、ぜひとも入手して頂きたい教材です。

これまで習得した知識を試験直前に総確認を行うと一般的にテキストを最初から見直すことになり、時間がかかります。また、テキストを眺めるだけでは忘れやすく、また読むだけでは、わかっているつもりだったけど実際に解いてみると、解けない・思い出せないという論点の確認もできません。この問題点を精選問題集が解決します。

論点を集約しているため総確認にかける時間を短縮できることはもちろんのこと、実際に問題を解くことでより一層の知識の定着が図れます。また、わかっているつもりになっている知識も明確になり、潜在的な弱点を発見することができます。

模擬試験

模擬試験

学習進捗度の確認

講習会にご参加していただいた受講生には、受講特典として模擬試験をお配りしております。この模試は講義内では使用しませんが、現在の知識でどれだけ解けるかの実力を試すために解き、学習進度を測る問題です。本試験を踏まえて、学習優先順位の高い分野を出題します。しかし、本試験を意識し、ときには難解な問題も盛り込みます。このような難解な問題を出題することにより、本試験において、優先して解くべき問題とそうでない問題を取捨選択する判断力を養うとともに、学習の進捗度を測るペースメーカーとしても最適です。

講師

知識だけではない、合格するためのノウハウと経験を一番近くで伝えたい

講義のわかりやすさ、試験傾向の徹底的な分析、学習範囲を明確に絞った受験指導、やる気を引き出す熱意あふれる講義など、皆様を合格へ向けて力強く牽引する。それがCIC講師陣です。

皆さんがCICを選ぶのは、早く合格したいからだと思います。だとすれば、CICの講師にとって一番大事なことは、合格するために何が一番必要なのかを皆さんに教えることだと考えています。施工管理技士試験において、合格点を獲得するためには、現在の試験傾向を知ることが重要です。講義では、試験傾向に基づいて、膨大な学習項目の中から特に出題頻度の高いものを選りすぐって説明し、「何を勉強すべきか」、「どうすれば得点できるか」を示します。
また、試験合格のためには最終的に暗記が不可欠ですが、講義による理解が暗記を助けます。

長年の実績、蓄積された情報とノウハウを駆使し、合格までの最短距離をナビゲートします。

知識だけではない、合格するためのノウハウと経験を一番近くで伝えたい

資格取得のメリット

水道工事事業者が「指定給水装置工事事業者」の指定を受けるための必須事項

配管を伴う工事の施工を行う事業者は、水道法第16条の2第1項に基づき給水区域内の水道事業体から指定を受けた「指定給水装置工事事業者」に限られます。この「指定給水装置工事事業者」となるためには、事業所ごとに給水装置工事主任技術者として選任されることとなる者を置く必要があります。

経営事項審査において企業の得点に加算される(管工事業)

給水装置工事主任技術者は、管工事業における経営事項審査の技術力評価において、資格者1人あたり1点がカウントされます。従って、公共団体が工事を発注し、公共工事を受注する際の技術力として評価を受けることが可能です。給水装置工事主任技術者の取得により、所属企業の評価向上に貢献することもできます。

一般建設業の現場に置く専任の技術者として認められる

給水装置工事主任技術者は、免状交付後、管工事の実務経験を1年以上積むことで営業所ごとに置かなければならない専任技術者として認められることが可能です。専任技術者の配置は建設業法で営業所ごとと定められているため、早急に確保を必要としている企業も少なくはないでしょう。

受験資格

給水装置工事主任技術者を受験するための受験資格は「給水装置工事に関して3年以上の実務の経験を有する者」とされており、この“給水装置工事に関する実務の経験”を管轄である厚生労働省は下記のように定めています。

※ 「給水装置工事に関する実務の経験」とは、給水装置工事に関する技術上のすべての職務経験をいう。技術上の職務経験とは、給水装置の工事計画の立案、給水装置工事の現場における監督に従事した経験、その他給水装置工事の施工を計画、調整、指揮監督又は管理した経験及び給水管の配管、給水用具の設置等の給水装置工事の施行の技術的な実務に携わった経験をいい、これらの技術を習得するためにした見習い中の技術的な経験も含まれる。

試験情報

受験願書の入手方法は?

受験願書は試験実施団体のウェブサイトよりダウンロードする

給水装置の受験願書は、書店や試験実施団体から購入する形ではなく、実施機関のウェブサイトより受験者自身の情報を登録しダウンロードする形式です。ウェブサイト上での登録のみでは受験できませんのでご注意下さい。 受験申請可能期間になりましたら、試験実施機関ウェブサイト上より登録フォームに遷移することができるようになりますので、必要事項を入力後、ダウンロードし所定の送り先へ郵送して下さい。

試験実施団体

給水装置技術振興財団

受験申請に必要な書類は?

  • 1.受験願書・実務従事証明書
  • 2.証明写真
  • 3.払込確認用紙

以上の書類を、受験願書に添付されている所定の封筒を使用し簡易書留で郵送します。
郵送の際は当日消印有効となりますが、期日までに送付ができなかった場合は如何なる理由であってもその年の受験はできませんのでご注意下さい。

試験科目

横にスワイプで左右にスライドできます。

給水装置工事主任技術者 出題内容
学科試験1 公衆衛生概論
水道行政
給水装置工事法
給水装置の構造及び性能
給水装置計画論
給水装置工事事務論
学科試験2
(※)
給水装置の概要
給水装置施工管理法

※学科試験2に関しては、1級または2級の管工事施工管理技士をお持ちの方は免除されます。

合格基準点(令和元年度の例)

給水装置工事主任技術者試験が難関と言われる理由の1つに、「科目ごとの合格基準点」いわゆる「足切り」が存在していることが挙げられます。2018年度の試験を例にとってみます。

配点(令和元年度の場合)

1問1点の必須科目6問で計40点、全科目で計60点

合格基準(令和元年度の場合)

下記(1)~(3)の基準があり、「学科試験2」の免除者は(1)と(3)を、非免除者は(1)~(3)の全てを満たす必要があります。

(1)必須6科目(学科試験1)の得点の合計が、27点以上であること。

以下(3)の項目で示す各科目の最低基準点を合計すると15点が合計値です。つまり、最低基準点を獲得した上で、更に合計で27点以上を取ることが必要だということになります。

(2)全8科目の総得点が、40点以上であること。

8科目の最低基準点は合計23点ですので、この基準を満たすためには最低基準点の2倍近くを獲得する必要があります。

(3)次の各科目の得点が、それぞれ以下に示す点数以上であること。

横にスワイプで左右にスライドできます。

給水装置工事主任技術者 出題内容
学科試験1 公衆衛生概論 1点
水道行政 2点
給水装置工事法 4点
給水装置の構造及び性能 4点
給水装置計画論 2点
給水装置工事事務論 2点
学科試験2
(※)
給水装置の概要 4点
給水装置施工管理法 4点

受験地

給水装置工事主任技術者の受験地は、都道府県別ではなく下記に示す地域別の8地域で行われます。

北海道、東北、関東、中部、関西、中国四国、九州、沖縄

受験願書を申請する際、希望の受験地を選びます。詳しい試験会場は届いた受検票で確認いただけます。

受験料

16,800円(郵便振替)

合格率(全国平均)

給水装置工事主任技術者の合格率

※試験実施機関から公表された全国受験者の平均合格率

横にスワイプで左右にスライドできます。

試験実施年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度 平成30年度 令和元年度
受験者数 12,773 13,313 13,978 14,459 14,650 13,434 13,001
合格者数 4,004 3,588 4,348 4,875 6,406 5,066 5,960
合格率 31.3% 27.0% 31.1% 33.7% 43.7% 37.7% 45.8%

給水装置工事主任技術者 全国合格率の推移

給水装置工事主任技術者 全国合格率の推移