危険物取扱者 資格・試験ガイド 令和2年度お申込み受付中!

危険物取扱者乙種第4類とは

危険物取扱者乙種第4類とは

危険物取扱者は、消防法で定められている危険物を取り扱い、またはその取扱いに立ち会うために必要となる国家資格です。一定数量以上の危険物を貯蔵し、または取り扱う化学工場、ガソリンスタンド、石油貯蔵タンク、タンクローリー等の施設には、必ず危険物取扱者を置かなければいけません。

試験スケジュール

危険物取扱者乙種第4類

試験日程について 例年、危険物取扱者乙種第4類の試験は、
都道府県ごとに、前期(4月~9月)と
後期(10月~3月)に
区切られ、
年に複数回実施されています。
危険物取扱者の
講座案内
受験対策講座

>選べる受講スタイル

映像通信講座 Webコース / DVDコース

危険物取扱者の講座一覧

※受験申請につきましては、試験団体ウェブサイトの手順に従い、書面申請又は電子申請により、所定の期日までに行って下さい。

資格について

危険物取扱者の種類と業務

危険物取扱者には、甲種、乙種、丙種の種類があります。甲種危険物取扱者は全類の危険物、乙種危険物取扱者は試験で合格した指定の類の危険物について、取り扱いと定期点検、保安の監督ができます。また、第4類の中の限られた危険物を取り扱えるのが丙種危険物取扱者です。その他に、甲種もしくは乙種危険物取扱者が立ち会えば、危険物取扱者免状を有していない一般の者も、取り扱いと定期点検を行うことができます(乙種危険物取扱者については試験に合格した指定の類に限る)。

種類 取り扱うことができる危険物
甲種 第1類~第6類全て 全種類の危険物
乙種 第1類 塩素酸塩類、過塩素酸塩類、無機過酸化物、亜塩素酸塩類、臭素酸塩類、硝酸塩類、よう素酸塩類、過マンガン酸塩類、重クロム酸塩類などの酸化性固体
第2類 硫化りん、赤りん、硫黄、鉄粉、金属粉、マグネシウム、引火性固体などの可燃性固体
第3類 カリウム、ナトリウム、アルキルアルミニウム、アルキルリチウム、黄りんなどの自然発火性物質及び禁水性物質
第4類 ガソリン、アルコール類、灯油、軽油、重油、動植物油類などの引火性液体
第5類 有機過酸化物、硝酸エステル類、ニトロ化合物、アゾ化合物、ヒドロキシルアミンなどの自己反応性物質
第6類 過塩素酸、過酸化水素、硝酸、ハロゲン間化合物などの酸化性液体
丙種 第4類の一部 ガソリン、灯油、軽油、重油など第4類の中の限られた危険物

これから合格を目指す危険物取扱者乙種第4類は、第4類の危険物を取り扱う際に必要となる資格です。

試験について

受験資格

年齢、性別、実務経験、国籍を問わず誰でも受験することができます。

出題内容

試験科目・出題数・試験時間・合格基準は、下表のとおりです。なお、出題形式は、五肢択一のマークシート方式です。

横にスワイプで左右にスライドできます。

試験科目 出題数 試験時間 合格基準
危険物に関する法令 15問 2時間 各科目の正答率が60%以上で合格となります(1科目でも60%を下回れば不合格)。
基礎的な物理学及び基礎的な化学 10問
危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法 10問

危険物取扱者乙種第4類の合格率

※試験実施機関から公表された全国受験者の平均合格率

各科目の正答率が60%以上で合格となります。
合格率をみると例年30%前後を推移し、30%を下回る年度もあるため、易しい試験とはいえないでしょう。
また、各科目の正答率が60%以上で合格ということは、2科目で満点がとれてもその他の1科目の正答率が60%を下回れば不合格です。
そのため、偏りのない、バランスのよい学習が求められます。

横にスワイプで左右にスライドできます。

試験年度 受験者数(人) 合格者数(人) 合格率(%)
平成30年度
(4月~3月)
240,102 93,667 39.0
平成29年度
(4月~3月)
256,587 88,328 34.4
平成28年度
(4月~3月)
264,946 76,575 28.9