電気工事士 資格・試験ガイド(第一種・第二種) 令和2年度お申込み受付中!

電気工事士とは

電気工事士は電気工事士法に基づき、経済産業省の指定機関、一般財団法人電気技術者試験センターが実施する国家試験です。
電気工事の欠陥による災害の発生を防止するために、電気工事士法によって一定範囲の電気工作物について電気工事の作業に従事する者として第一種電気工事士、第二種電気工事士の資格が定められております。

電気工事士法における一般用電気工作物、自家用電気工作物の対象は次のとおりです。 

一般用電気工作物:一般家庭、商店等の屋内配電設備等

自家用電気工作物:ビル、工場等の需要設備(最大電力500kW未満 非常用予備発電装置は需要設備の附帯設備として需要設備の範疇に含まれます。)

電気工事士試験(筆記・技能)に合格し、電気工事士になるには第一種、第二種それぞれ都道府県知事へ免状交付を申請することで電気工事士になることができます。ただし、第一種電気工事士は以下のような既定の実務経験を有します。

第一種電気工事士技能試験に合格し、かつ電気工事に関し、次の実務経験を有する者
(合格前の実務経験も認められるものがあります)
1.大学・高専において電気工事士法で定める課程を修めて卒業した方は3年以上
2.その他の方は5年以上

取得のメリット

第一種電気工事士

(1)第一種電気工事士免状取得者

a. 電気工事士法において規制されている次の電気工事の作業に従事することができます。
1. 自家用電気工作物のうち最大電力500 キロワット未満の需要設備の電気工事
2. 一般用電気工作物の電気工事
ただし、1の作業のうちネオン工事と非常用予備発電装置工事の作業に従事するには、特種電気工事資格者という別の認定証が必要です。

b. 自家用電気工作物のうち最大電力500 キロワット未満の需要設備を有する事業場(工場、ビル等)などに従事している場合、事業主(当該電気工作物の設置者又は所有者)が産業保安監督部長に当該事業場の電気主任技術者として選任許可申請の手続きを行い、許可が得られれば、電気主任技術者(一般に、「許可主任技術者」といわれる。)となることができます。
ただし、この場合の手続きは、事業主が電気事業法に基づき手続きを行うもので、第一種電気工事士免状取得者本人が行うものではありません。

(2)第一種電気工事士試験合格者(免状未取得者)

a. 産業保安監督部長から「認定電気工事従事者認定証」の交付を受ければ、簡易電気工事(自家用電気工作物のうち、最大電力500キロワット未満の需要設備であって、電圧600ボルト以下で使用する電気工作物(電線路を除く)の電気工事をいう。)の作業に従事することができます。

b. 上記(1)のbと同様に許可主任技術者となることができます。

第二種電気工事士

a. 一般住宅や小規模な店舗、事業所などのように、電力会社から低圧(600ボルト以下)で受電する場所の配線や電気使用設備等の一般用電気工作物の電気工事の作業に従事することができます。

b. 免状取得後、3 年以上の電気工事の実務経験を積むか又は所定の講習(認定電気工事従事者認定講習)を受け、産業保安監督部長から「認定電気工事従事者認定証」の交付を受ければ、上記(2)のaの作業に従事することができます。

最大電力100キロワット未満の工場、ビル等に勤務している場合、上記(1)のbと同様に「許可主任技術者」となることができます。

試験スケジュール

第一種電気工事士

願書受付期間 令和2年6月18日(木)~7月2日(木) 第一種の
講座案内
受験対策講座

>選べる受講スタイル

映像通信講座 Webコース / DVDコース

通学【筆記・技能】2日間コース 東京 / 大阪

試験日 〔筆記〕令和2年10月4日(日)
〔技能〕令和2年12月12日(土)または 12月13日(日)
合格発表 〔筆記〕令和2年11月上旬予定
〔技能〕令和3年1月中旬予定

第一種の講座一覧

第二種電気工事士(上期・下期)

  上期試験 下期試験 第二種の
講座案内
願書受付期間 令和2年3月19日(木)~4月9日(木) 令和2年7月30日(木)~8月13日(木)
※免除者:令和2年9月3日(木)~ 9月17日(木)
受験対策講座

>選べる受講スタイル

映像通信講座 Webコース / DVDコース

通学【筆記・技能 上期試験用】2日間コース 東京 / 大阪

通学【筆記・技能 下期試験用】2日間コース 東京 / 大阪

試験日 〔筆記〕令和2年5月31日(日)
※上期筆記試験は試験中止になりました。

〔技能〕令和2年7月18日(土)または 7月19日(日)
〔筆記〕令和2年10月4日(日)
〔技能〕令和2年12月12日(土)または 12月13日(日)
合格発表 〔筆記〕令和2年6月下旬予定
〔技能〕令和2年8月下旬予定
〔筆記〕令和2年11月上旬予定
〔技能〕令和3年1月中旬予定

第二種の講座一覧

※受験案内・申込書は、試験実施団体ウェブサイトにてご覧ください。
(当センターの講習会をお申込み及び受講予定の方で申請方法がご不明な方はお気軽にお問い合わせ下さい)

※試験実施団体ウェブサイトより、令和2年度第二種電気工事士上期試験の中止について発表されております。
令和2年度第二種電気工事士上期筆記試験(5/31)の中止について(PDF)

※筆記試験免除対象者は7月18日(土)または7月19日(日)の技能試験は現時点で予定通り実施となります。

受験資格

第一種電気工事士、第二種電気工事士ともに年齢、性別、学歴等に制約はありません。どなたでも受験できます。

※筆記試験免除制度あり
(第一種電気工事士)
前回の筆記試験に合格した方および電気主任技術者免状取得者

(第二種電気工事士)
前回の筆記試験に合格した方および電気主任技術者免状取得者、前述に加え、高等学校以上の学校において、電気工事士法で定める課程を修めて卒業した方も筆記試験免除対象者となります。

試験情報

第一種電気工事士筆記試験

  • 【試験時間】2時間20分
    【解答形式】全問 四肢択一式
    【出題数】全50問
    【配  点】1問1点、50点満点
    【合格基準点】30点以上正答することで合格

第一種電気工事士筆記試験 出題内容

科目 出題数
電気に関する基礎理論 4~6問
配電理論及び配線設計 3~5問
電気応用 1~2問
電気機器・蓄電池・配線器具・電気工事用の材料及び工具並びに受電設備 11~12問
電気工事の施工方法 8~10問
自家用電気工作物の検査方法 3~5問
配線図 10問
発電施設・送電施設及び変電施設の基礎的な構造及び特性 2~4問
一般用電気工作物及び自家用電気工作物の保安に関する法令 3~4問

第一種電気工事士技能試験

【試験時間】60分
【解答形式】配線図に従って、配線の作業・施工をします。課題の要求に適合した作品を時間内に作成し、欠陥のない作品が合格となります(減点方式)
【出題】毎年事前に公表される10問中1問が出題
【判断基準】試験センター公表の「欠陥の判断基準」を参照

受験地

47都道府県にて実施されます。試験地は、申込み時に選択できます。ただし、選択した試験地に試験会場が複数ある場合、試験会場は選択できません。

受験料

第一種電気工事士
払込取扱票(ゆうちょ銀行)による申込み 11,300円 インターネットによる申込み 10,900円

第二種電気工事士
書面による申込み 9,600円 インターネットによる申込み 9,300円

第二種電気工事士筆記試験

【試験時間】2時間
【解答形式】全問 四肢択一式
【出題数】全50問
【配  点】1問1点、50点満点
【合格基準点】30点以上正答することで合格

第二種電気工事士筆記試験 出題内容

科目 出題数
電気に関する基礎理論 5~6問
配電理論及び配線設計 5~6問
電気機器・配線器具並びに電気工事用の材料及び工具 4~5問
電気工事の施工方法 5~6問
一般用電気工作物の検査方法 3~4問
配線図 20問
一般用電気工作物の保安に関する法令 3~4問

第二種電気工事士技能試験

【試験時間】40分
【解答形式】配線図に従って、配線の作業・施工をします。課題の要求に適合した作品を時間内に作成し、欠陥のない作品が合格となります(減点方式)
【出題】毎年事前に公表される13問中1問が出題
【判断基準】試験センター公表の「欠陥の判断基準」を参照

受験地

47都道府県にて実施されます。試験地は、申込み時に選択できます。ただし、選択した試験地に試験会場が複数ある場合、試験会場は選択できません。

受験料

第一種電気工事士
払込取扱票(ゆうちょ銀行)による申込み 11,300円 インターネットによる申込み 10,900円

第二種電気工事士
書面による申込み 9,600円 インターネットによる申込み 9,300円

合格率(全国平均)

※試験実施機関から公表された全国受験者の平均合格率

第一種電気工事士の合格率

横にスワイプで左右にスライドできます。

試験実施年度 筆記試験 技能試験
受験者 合格者 合格率 受験者 合格者 合格率
2015年 37,808 16,153 42.7 21,739 15,419 70.9
2016年 39,013 19,627 50.3 23,677 14,602 61.7
2017年 38,427 18,076 47 24,188 15,368 63.5
2018年 36,048 14,598 40.5 19,815 12,434 62.8
2019年 37,610 20,350 54.1 23,816 15,410 64.7

第二種電気工事士の合格率

横にスワイプで左右にスライドできます。

試験実施年度 筆記試験 技能試験
受験者 合格者合格率 受験者 合格者合格率
2015年 上期 79,002 49,340 - 60,650 43,547 -
下期 39,447 20,364 - 23,422 15,894 -
118,449 69,704 58.8 84,072 59,441 70.7
2016年 上期 74,737 48,697 - 62,508 46,317 -
下期 39,791 18,453 - 22,297 15,899 -
114,528 67,150 58.6 84,805 62,216 73.4
2017年 上期 71,646 43,724 - 55,660 39,704 -
下期 40,733 22,655 - 25,696 16,282 -
112,379 66,379 59.1 81,356 55,986 68.8
2018年 上期 74,091 42,824 - 55,612 38,586 -
下期 49,188 25,497 - 39,786 25,791 -
123,279 68,321 55.4 95,398 64,377 67.5
2019年 上期 75,066 53,026 - 58,699 39,585 -
下期 47,200 27,599 - 41,680 25,935 -
122,266 80,625 65.9 100,379 65,520 65.3