施工管理技士試験制度の改正(再編)について

令和3年度より施工管理技士の
試験制度が変更
さらに価値ある資格へ!
CICは新試験制度に対応

試験制度が大幅に見直されます

試験制度が大幅に見直されます

改正建設業法の「技術検定制度の見直し」により、令和3年度の試験から施工管理技術検定は新しい技術検定制度に生まれ変わります。従って、現行制度での試験は今年が最後となります。
建設業界において欠かせない資格である「施工管理技士」。特に建設現場の生産性の向上を背景とした今回の試験制度改正は企業および個人に大きな影響を与えることでしょう。
このページでは、施工管理技士試験がどのように変わるのか現時点で発表されている内容を詳しくお伝えします。

新試験制度と技士補の新設

「学科試験」「実地試験」から「第一次検定」「第二次検定」へ名称が変更

現行

学科試験実地試験施工管理技士

再編後

第一次検定技士補第二次検定施工管理技士

現行制度では、まず「学科試験」を受験し合格すると「実地試験」を受験することができ、実地試験に合格して初めて「施工管理技士」の称号が与えられる形式でした。
令和3年度試験からはその形式が見直され、改正後は「第一次検定」と「第二次検定」と名称が変わり試験内容の変更も公表されています。また、一次検定だけの合格でも技士補の称号を得ることができます。

試験基準の変更

現行試験(令和2年度まで)

学科試験専門分野、法規、施工管理法などに関して一般的な知識を有すること

実地試験専門分野、法規、施工管理法などに関して高度の応用能力を有すること

新制度(令和3年度から)

第一次検定施工技術のうち基礎となる知識および能力を有するかどうかを判定

第二次検定施工技術のうち実務経験に基づいた技術管理および指導監督に係る知識および能力を有するかどうかを判定

技士補とは

監理技術者の専任緩和を目的とした「技士補」が誕生

現行試験(令和2年度まで)

現場A監理技術者

現場B監理技術者

新制度(令和3年度から)

現場A 特例監理技術者
(兼務が認められる監理技術者)
  一級技士補
   
現場B 一級技士補

監理技術者は兼任が可能。

現行試験では「学科試験」と「実地試験」の両方に合格して初めて「施工管理技士」の称号が与えられ、現場に必要な「監理技術者(1級施工管理技士)・主任技術者(1級・2級施工管理技士)」となることができました。
このうち「監理技術者(1級施工管理技士)」は工事現場ごとに専任で配置する必要があり、他の現場との兼任はこれまで、認められませんでした。
しかし、建設業法の改正で「技士補」が新設されたことにより、「主任技術者の資格を有するもの(2級施工管理技士など)+1級技士補(1級一次検定合格者)」などを要件として、監理技術者の「補佐」ができるようになりました。この補佐を配置することで、監理技術者は、特例監理技術者(兼務が認められる監理技術者)として、一定条件を満たした2つの現場を兼任することが可能となり、技術者不足を補うことが期待されています。

一次検定合格は無期限有効

一次検定に合格した場合、何度でも二次検定から受験することが可能

現行試験(令和2年度まで)

学科試験受験

合格翌年まで有効

不合格

実地試験受験

合格 

不合格

施工管理技士
称号付与

新制度(令和3年度から)

一次検定受験

合格無期限有効

不合格

技士補
称号付与

二次検定受験

合格 

不合格

施工管理技士
称号付与

現行試験では学科試験を合格し、実地試験の結果が不合格だった場合、その学科試験が免除されるのは翌年まで。翌年に合格できないと翌々年からはまた学科試験からの挑戦という形でした。
しかし、新制度からは、一次検定を合格した者には、一次検定が無期限で免除され、毎年二次検定からの受験が可能となります。

Point1

一次検定の合格は無期限有効

一次検定合格者は、一度合格すれば原則、無期限有効ですので、いつでも二次検定から挑戦することができます。

Point2

二次検定2級合格者は、実務経験問わず1級一次検定を受験できる

改正により、2級二次検定に合格すると、実務経験問わず
すぐに1級一次検定を受験できるようになりました(1級二次検定は一定の実務経験が必要)。

CICでは2級に合格したら、すぐに1級一次検定に臨むことをお勧めします。1級の問題は、2級の知識があることを前提に出題されています。したがって、2級の知識があるうちに受験に臨んだ方がスムーズに学習を行うことが可能です。1級の一次検定も一度合格すると無期限有効となりましたので、早めに合格しておけば、受験可能な実務経験を積んだ際、二次検定に専念することができます。

一次検定合格者2級
二次検定合格者2級
一次検定合格者1級
一定の実務経験1級二次検定の受験に専念できる
二次検定合格者1級
施工管理技士

改正後の試験を乗り越えるには情報収集が不可欠

CIC日本建設情報センターでは改正に関する最新動向をお伝えします

CIC日本建設情報センターは、施工管理技士を専門に22年の受験対策指導を行ってきました。
教材は生モノと同様に常に最新の内容であることが重要です。情報収集と本試験の分析、法改正等を反映し、毎年改訂しなければ受験対策としての精度は落ちてしまいます。最新の情報を提供することは技術者増加のため受験対策を行う企業として当然の責務です。
長年培ってきたノウハウを活かし、この度の試験制度改正についても試験を熟知した講師・スタッフが常に新しい情報を発信いたします。
施工管理技士を目指す方々が不安なく受験対策を行えるよう、今後も最新動向をお伝えしていきます。