管工事施工管理技士講座の特長 令和3年度お申込み受付中!

傾向と対策

試験傾向に基づいた対策

試験制度が変わっても、試験の本質的な論点は変わりません。
そもそも、問題の選択肢の内容がすべて過去に出題されたものと同一であることは、稀です。
この点を踏まえ、徹底した過去問分析に基づいて重要論点を洗い出し、出題意図を把握し、 それらに焦点を合わせた解説を行うことで、得点に直結する実力を養成します。
CICが施工管理技士試験指導歴22年で培ってきた受験対策のノウハウを提供します。

無理のないカリキュラムで仕事との両立を可能とする

講義のねらい

広く浅く、そして重要論点は奥まで踏み込む

受験対策講座では、「理解する」という行為が重要視されます。それは、否定できません。しかし、受験勉強はいかに合格点を取るかのみが課題であり、その手段の一つとして理解があります。試験問題は、理解を重視する論点もあれば、割り切って丸暗記することが合理的な論点がありますので、試験範囲についても全範囲を隅々まで理解する必要はなく、むしろ必要なことは「理解」と「暗記」を使いわける柔軟性です。

また、膨大な範囲の中から出題されるのは一握りの論点のみであるため、その中で広く浅く、そして重要論点は奥まで踏み込んだ、メリハリのある講義を展開します。

広く浅く、そして重要論点は奥まで踏み込む

一次対策テキスト(新試験制度対応)

新試験制度に向け全面改訂
分かりやすさと学習効率を追及した教材

新試験制度(一次検定)では、これまで学科試験で求められていた「知識」問題を基本に、「能力」問題が追加されます。CICでは、この制度変更に対応するため、「知識」と「能力」の論点をテキストに一元化しました。講義では本テキストを使用し、新試験対策を万全なものとします。

分かりやすさと学習効率を追及した教材 新試験制度に向け全面改訂

過去問題集

過去問による本試験を想定したより具体的な対策

講義を聴いた後に行いたいのが徹底的な問題演習です。知識を定着させるには、ただ学ぶだけではなく、学んだことを確認する必要があります。そこで重要なのが過去問の活用です。受験対策において、過去問を解かずに試験に臨むということはあり得ないことです。

過去問を解く意義は、その問題を正解することではなく、その問題から何を学ぶかをいう点にあります。

講義でも、過去問を素材として、出題傾向や考え方のポイントを整理していきます。
講師が指摘した重要論点が、実際の試験ではどのように出題されたのか、テキストの記載内容がどのように問われるのか、過去問に直に触れることで理解が促進されます。是非、復習は過去問を利用して行ってください。

過去問を反復活用!

講師

知識だけではない、合格するためのノウハウと経験を一番近くで伝えたい

講義のわかりやすさ、試験傾向の徹底的な分析、学習範囲を明確に絞った受験指導、やる気を引き出す熱意あふれる講義など、皆様を合格へ向けて力強く牽引する。それがCIC講師陣です。
皆さんがCICを選ぶのは、早く合格したいからだと思います。だとすれば、CICの講師にとって一番大事なことは、合格するために何が一番必要なのかを皆さんに教えることだと考えています。施工管理技士試験において、合格点を獲得するためには、現在の試験傾向を知ることが重要です。講義では、試験傾向に基づいて、膨大な学習項目の中から特に出題頻度の高いものを選りすぐって説明し、「何を勉強すべきか」、「どうすれば得点できるか」を示します。
また、試験合格のためには最終的に暗記が不可欠ですが、講義による理解が暗記を助けます。

長年の実績、蓄積された情報とノウハウを駆使し、合格までの最短距離をナビゲートします。

知識だけではない、合格するためのノウハウと経験を一番近くで伝えたい